2008年08月30日

『locate 「in different quadrants of the typebar circle (Dvorak)」 (Dvorak)』説

gooブログ事務局からの勧告に応じ、記事76件を不本意ながら非表示としてある。たしかに、なんだかわけのわからないメモ的な転載もあるかもしれない。非表示としてあるうちのひとつ、次記事ではどうか。
「locate in different quadrants of the typebar 円」説 2008-05-16 04:11:17
http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/35b2ba88751d2ffcbbb5cd3aaff5ef0b


この記事は、my都合よく解釈すれば、Dvorak関与の "simplifyed keyboard" スィンプリファイド・キーボード(わかりやすく?整理片付け錯綜が少ないようにすっきりまとめてしあげた?) 単純素朴化されたすっきり?素直なキーボードの映画のテロップに出てくる文面
「****」
の 対象命題文としての定式化(と、批評対象宣言としての記事タイトル)であり、対象実身化であり、
また、gooブログ記事タイトル文字数上限50文字を回避するため、circleを円 へ言い換えてある。

circle を 円と言い換えたのは、ちょっと問題を含みそうな点ではある。

「異なる四象限」説と、ちょっと、へんかな?
「異なる四分円」
タイプバー・サークルを、このサークルを円と呼び、
異なる四分円、、

-------------
「****」
だが、「****」をみてみると、locate in different quadrants of the typebar yasuoka
『locate 「in different quadrants of the typebar circle (Dvorak)」 (Dvorak David )』(Yasuoka)
すなわち、
locate 「
in different quadrants of the typebar circle (Dvorak)
」 (Dvorak David )
』(Yasuoka)
といった構造なのか?

『locate 「in different quadrants of the typebar circle (Dvorak)」 (Dvorak David )』説

それに 四分円 なる訳(安岡氏)を与えているから、
対象としては、
むむ、
ま、対象としたかったのは、この記事を参照してきた参照元であって、
それは、、
http://blog.goo.ne.jp/raycy/s/35b2ba88751d2ffcbbb5cd3aaff5ef0b
http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/ea95ba556f258472648f5f2645436147
「in different quadrants of the typebar circle (Dvorak)」
を、安岡氏が摘出した「異なる四分円」なる命題の起源として取上げるための、作業対象実身であった。かな?

Dvorakの主張?ギルブレスthは何か言ってないかなあ、
誰かさんのように ややこしくないキーボード
ややこしいキーボード

設計方針の説明がつき、方針がいちおうすっきりわかりやすいかも?、スィンプリファイド・キーボード、
使いやすい?かどうかは、、
単純明快、簡素、、

http://eow.alc.co.jp/simplified/UTF-8/
簡易化{かんいか}した
簡易化キーボード
# simplified JIS keyboard
簡易{かんい}JISキーボード
”typebar circle”
Gilbreth "simplified keyboard"

Bringing Manual Input Into the 20th Century: New Keyboard Concepts
Montgomery, E.B.
Computer
Volume 15, Issue 3, Mar 1982 Page(s): 11 - 18 東大柏 早大理工

the Gilbreth's. work, invented. a new. keyboard
posted by 霊斎2 at 06:08| Comment(0) | TrackBack(0) | えっとお、(書きかけかも) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。