2008年07月18日

安岡孝一共著Q謎『キーボード配列QWERTYの謎』は、野心的な著作といえよう。独自提唱新仮説が並ぶ。

安岡孝一共著Q謎『キーボード配列QWERTYの謎』 は、野心的な著作といえよう。独自提唱新仮説が並ぶ。と、my感じである。

なるほど新発見があり、著者ら[以下らを省く]が主張する通りのこともあるかもしれない。しかし、数が多い、そしていっぺんに一時に提出している。検証するサイドも面食らうだろうなあ。そして、全部が全部、定説として残っていけるものなのか、多いだけに、確率は下がりそうな感じがしてしまうのだが、、。
  1. タイプライターの歴史関係では
    • タイプライター開発発意の時期は、靴ブラシだか一見不関連特許を掲載した特許広報の併載特許をみて、だっけか。これは、検証できるかなあ。
    • キーボード配列の歴史では、電信用の
      ABC・・・KLM
      ZYX・・・QPON

      だったっけか配列を経由して、、これは正しいかも知れぬが、、そうだと、my仮説「タイプバスケット内のタイプバーの並びの遺伝的進化特性(移動運動慣性の方則)」 ←とは残念ながら相容れぬようなので、my仮説が弱そうだが、、
      (遺伝的特性とは、ことばがからだを持ち、(擬似)からだ体が生き残るあたかも生存本能を発揮し始めるといった現象とみる。「紙テープの呪縛(安岡孝一、2004)」とも似た概念かなと思っていたが、ちょっと違うのかな?「紙テープの呪い」は、思考の拘束硬直固定観念としての、文字データ⇔一次元データ説?)
    • プロトタイプ機の配列
      QWE.T YIUO-ハイフン?シラブル?(グリフィス1949)でなく
      QWE.T YIUO_アンダーバー(安岡孝一2008)?
    • アーム 
    • タイプバーの衝突干渉は、ごく少なかったあるいは深刻ではなかった説
      (カレント、1949、脚注26に係わるとmy推理している、、)
    • QWE.TY時代の「タイプバー配置‐キーボード配列 弱関係説」
      (カレント、1949、脚注22に係わるとmy推理している、、)

  2. DavidのQWERTの歴史。
    Davidは、山田尚勇と似た説で、”タッチ”タイピング時代初期、レミントンのタイプバー式(小指)シフトQWERTYは決して最悪などではなく、市場選択肢中では”タッチ”タイプに適していた、との説だと、Q謎著者引用訳出部(P.172) を読む限りは、そう判断せざるを得ないと思われるのだが、著者はご自身の訳文をどう解していらっしゃるのか、謎である。

  3. アンチQWERTY
    仕事の性質として、「仕事はいつも百点」「仕事は六十点じゃだめ」ってのがあると思うのだが、そのへんがどう捉えられているのか。
    ベストエフォート、というか、最善トレードオフというか、、

    時点局時局地的地歴環境制約的なベストを尽くしたことは、それはそれでたたえられるべきことであり、技術の心を仕事のこころをわかるものなら、ショールズらの判断を讃えこそすれ、そう責められるものではない、、

    だが、環境制約条件が大きく変わった世界で、それが果たしてベストか
    ってなことで、
    だが、社会径時変化変質で、QWERTYに尾ひれがついて、QWERTY社会が形成され、
    もはや社会選択の問題になってくる?
    QWERTY社会か非QWERTY産業社会構造か???

    キーボード概念そのものも、、
    マルチタッチ社会も迫ってきてるし、、


  4. そのほか小ネタだが、著者の論理推論構造を推察させる部分
    • 「異なる四分円」なら九〇度以上
      概念範疇の包摂構造に係わるかも、、

    • となると 以上 でなければならない

    • 意図 わざと(実際上 結果的に) ――つまり

    • 速く打てない タイピストのスピードを遅くする タイピストがなるべく打ちにくいよう

---------------------
著者のひとりの推論論理行動をうかがわせる語用法は、Web上にもある
一ヶ所でもおかしいところがあれば、この・・・仮説は棄却すべき
posted by 霊斎2 at 14:24| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

独自提唱新仮説をいきなり「常識の府」に問う。それでオッケーな場合もあるかもしれない、、。普通は、てか望ましいのは、まず大学院からとか同好会からとか、やっぱり学会から、とかな気もするが、どうかな、?
Excerpt: 科学とは「その時点におけるもっともレヴェルの高いうそそのレヴェルの最高を定める役が、関連する学会ってことになろうか、、。 みんないっぱんから構成されるフィルターは「常識の府」、それから出てくる答えは..
Weblog: 霊犀その2
Tracked: 2008-08-03 10:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。