2008年08月03日

タイプホイール機は、頻度順配列を選択せざるを得ない、、

タイプホイール機は、頻度順配列を選択せざるを得ない、、
それが、印字面をまわして検索選択するメカの制約か?

単に頻度順?、、ブラインドタッチ”blind touch” typing
http://green.search.goo.ne.jp/search_en?QGA=0&OE=UTF-8&IE=UTF-8&from=eco_search&MT=%E2%80%9Dblind+touch%E2%80%9D+typing&submit.x=48&submit.y=15&DC=10
にもよさそうでもあるが、どうかな、
ハモンド、ブリッケンスダーファー配列は、タイプホイールメカとともに、あり、さりぬ、、

鍵盤中央部に高頻度文字を配していただろうか?

それが、タイプボール電動とともに復活する、、

追記、タイピングの打ちがって使い勝手からでなくメカ制約的な面から?

タイプホイール機では、キーボードの中央部に高頻度文字を集め、キーボードから遠い文字配置のキーに割り当てた文字ほど、出現低頻度文字を並べざるをえなかたでしょう、きっと、、どうかな、、

だから、科学的配列かも、だが、統計的配列? 使い勝手から、とも、必ずしもいえないのか、、 ”タッチ”タイピングを狙いすましてとも必ずしもいえぬだろうし、、 

使い勝手とも、多少は、沿う傾向はあろうが、、どうかな、、
posted by 霊斎2 at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | LinkRecords | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。