2008年09月06日

語義用例辞書。問題の所在のあたりをつける、対象概念メッセージの翻訳換言と問題の抽出摘出定式化、演繹帰納論理操作プロセス論理展開、、

安岡孝一氏による語義用例集 個別ひと別辞書 一般辞書

当然 http://blog.goo.ne.jp/raycy/s/%C5%F6%C1%B3
などとは http://slashdot.jp/comments.pl?sid=382172&cid=1413512
つまり http://slashdot.jp/comments.pl?sid=382172&cid=1413512
以上、
となると

ならば なら 
ひとつでも 一ヶ所でも

主に、
論理関係推論関係演繹関係を帰納関係を表す接続語や、換言等、に関してか、、
――――――――――――――――――

一般に通用している通常の論理世界で用いられるのと、おんなじかな

ちがっていてもいいかも?だが ??、
それでその体系は無矛盾なのか、てか、完全性定理は成り立っているのか、か?

――――――――――――――――――


現実問題を、一旦変換して、
独自の、結城浩のいう、ファンタジー思考、高速道路思考回路に乗せて、で解決する、。そして、再逆変換して、現実世界へ引き戻す、、

それは、無矛盾な高速道路思考回路世界を形成しているのか、、

――――――――――――――――――


安岡孝一氏の論証プロセス。
http://slashdot.jp/~yasuoka/journal/450286
ポッパーのは、どうなっているのかな?
問題の所在のあたりをつける、対象概念メッセージの翻訳換言と問題の抽出摘出定式化、演繹帰納論理操作プロセス論理展開、、
科学、研究の、次第順序
http://raycy.seesaa.net/article/101334689.html
プログラムプロセス、、

安岡孝一氏の換言プロセス
Davidの言を跋く抜くときに、、同値文、、
翻訳操作で、、 定義のいいかえで換言で、、

設問のデザイン
http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/82c90aa1a3773f88103b6cbc15d8a880


そりゃあ "安岡孝一" OR yasuoka

http://slashdot.jp/~yasuoka/journal/402300
第2位の「er」+「re」や、第27位の「ou」+「uo」がタイプバスケット内で隣接して配置 されている
posted by 霊斎2 at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106095539

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。