2008年09月06日

Dvorakの原理原則、グリフィスth,ネルソン

http://slashdot.jp/comments.pl?sid=239975&cid=694948

William Wilson Nelsonについては、
http://blog.goo.ne.jp/raycy/s/nelson
http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/ae1fc36ba85bb0803c050f95a72541db
まだmy読み込みが足らないので、創造?想像でのコメントしかできない。第一感、感じとしては、一度おろした手のひらはトコトンその着地点で活用しようというのがネルソンアイディアかな?と想像している。手のひらの横移動が困難だった時代の産物ではなかったかと、、
人指し指と中指を多用する当時のタイピストの実態調査から、ネルソン配列での想定運指も、実態を踏襲しているようであったし、現代の薬指小指親指までを十分に含めた運指は考慮されていないのではないかな、、と、、。

グリフィス・ミニモーション配列については、その原理原則がDvorak配列の原理原則の究極極限ならば、、
http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/3a71e93bb0cfb62778921b61f68f6a12
posted by 霊斎2 at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | えっとお、(書きかけかも) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。