2008年09月08日

根拠

http://slashdot.jp/comments.pl?sid=402119&cid=1351679
http://blog.goo.ne.jp/raycy/s/%A4%BD%A4%CE%BB%FE%A4%CE%B7%D0%B8%B3%A4%E2%BB%E4%B8%C4%BF%CD%A4%CB%A4%C8%A4%C3%A4%C6%A4%CF%BA%AC%B5%F2%A4%CE%B0%EC%A4%C4

根拠二つ
典拠

印刷物

読者に示されているのは
http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/aa8f46122a3c59403d5fae3dc78fd743

http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/c2d3f8066d57528aaa2467f77ee93fab

図や、図の解釈、文面の記述から読み取れる機構の立体構造位置関係に係わる描写の解釈、博物館所蔵品の観察などを根拠とする、、
http://slashdot.jp/~yasuoka/journal/440086
位相が裏返ってしまったのだ。相対的な配置は変わらないので

とあるが
http://slashdot.jp/comments.pl?sid=402428&cid=1363622
http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/64aa09636ee416320fd9fda4f360368c
相対的な位置、変わってるよなあ、、たとえばAとQの位置関係とか、、?
posted by 霊斎2 at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | LinkRecords | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

タイプホイール機は、頻度順配列を選択せざるを得ない、、

タイプホイール機は、頻度順配列を選択せざるを得ない、、
それが、印字面をまわして検索選択するメカの制約か?

単に頻度順?、、ブラインドタッチ”blind touch” typing
http://green.search.goo.ne.jp/search_en?QGA=0&OE=UTF-8&IE=UTF-8&from=eco_search&MT=%E2%80%9Dblind+touch%E2%80%9D+typing&submit.x=48&submit.y=15&DC=10
にもよさそうでもあるが、どうかな、
ハモンド、ブリッケンスダーファー配列は、タイプホイールメカとともに、あり、さりぬ、、

鍵盤中央部に高頻度文字を配していただろうか?

それが、タイプボール電動とともに復活する、、

追記、タイピングの打ちがって使い勝手からでなくメカ制約的な面から?

タイプホイール機では、キーボードの中央部に高頻度文字を集め、キーボードから遠い文字配置のキーに割り当てた文字ほど、出現低頻度文字を並べざるをえなかたでしょう、きっと、、どうかな、、

だから、科学的配列かも、だが、統計的配列? 使い勝手から、とも、必ずしもいえないのか、、 ”タッチ”タイピングを狙いすましてとも必ずしもいえぬだろうし、、 

使い勝手とも、多少は、沿う傾向はあろうが、、どうかな、、
posted by 霊斎2 at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | LinkRecords | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

バンドワゴン効果は、単に心理的な問題なのか?

わずかでも優劣の差があれば、同列からスタートしたのなら、優勝劣敗が起こるという、、、

だが、一旦、ある地歴局時局地的な安定が起きると、新参者は、それより機能的に優れていても、一気には、逆転して支配的勢力とは、なかなかなりえないと。

たとえ、時間で5から10パーセント、運動量で五割節約できても、

それが、アーサーらのバンドワゴン効果の結論だとあると(アビナッシュ ディキシット、バリー ネイルバフ解釈?では)いう、、
http://raycy.seesaa.net/article/103090908.html
バンドワゴン効果は、単に心理的な問題だと、林紘一郎にはあったようだったが、、http://raycy.seesaa.net/article/103615172.html
アーサーを確認しないと、、

この、http://raycy.seesaa.net/article/103090908.htmlの説明を援用できるとすれば、レミントンらの、タイプバー機構シフト式QWERTY配列機が、多少とも機能優位な状態にあれば、たとえば28%程度以上のシェアを一旦握れば、複式機やタイプホイール機をほぼ完璧に駆逐できる、と、も、アーサーらの説?http://raycy.seesaa.net/article/103090908.html(アビナッシュ ディキシット、バリー ネイルバフ)で説明できないだろうか?
――――――――――――――――――

バンドワゴン効果
http://ci.nii.ac.jp/search/servlet/Kensaku?dnum=25&sortType=year1&Text=%A5%D0%A5%F3%A5%C9%A5%EF%A5%B4%A5%F3%B8%FA%B2%CC&condition0=1&area0=auth&keyword0=&conditionRange0=1&areaRange0=year&KeyRangeS0=&KeyRangeE0=&select=&pnum=1&mode=0&sortType_bottom=&AREACNT=1&JNUM=1&RANGE_AREACNT=1&SORTFLG=DESC&SORTKEY=year1&SORTMARK=0&CiNii.x=49&CiNii.y=29

http://webcatplus-equal.nii.ac.jp/libportal/EqualFromForm?mode=plus&dmax=10&lang=1&txt_freeWord=%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AF%E3%82%B4%E3%83%B3%E5%8A%B9%E6%9E%9C

bandwagon effect
http://ci.nii.ac.jp/search/servlet/Kensaku?dnum=25&sortType=year1&Text=bandwagon+effect&condition0=1&area0=auth&keyword0=&conditionRange0=1&areaRange0=year&KeyRangeS0=&KeyRangeE0=&select=&pnum=1&mode=0&sortType_bottom=&AREACNT=1&JNUM=1&RANGE_AREACNT=1&SORTFLG=DESC&SORTKEY=year1&SORTMARK=0

http://webcatplus-equal.nii.ac.jp/libportal/EqualFromForm?mode=plus&dmax=10&lang=1&txt_freeWord=bandwagon+effect


 ハーヴェイ・ライベンシュタイン  ライベンスタイン
――――――――――――――――――

ところで、

  1. マルクスの論法として、よく、論敵の最良とされる理論の部分ではなく、その脇の小ネタを叩いている、ってな話がある。たしか、西部邁いたる?だったか?がいってたような、、
    論というのは構造としてゲーデルの不完全性定理的な論理系の制約のせいなのか

    • 小出昭一郎の「どこから目をつぶるか」だったっけ?

    • 佐和隆光の「どこの穴をふさぐか」だったっけ

    理論には、水の漏れない上手はない、ってな

  2. あと、日本における特異な論法として、
    プロバビリティーの世界での話しに持ち込んで、
    http://members.jcom.home.ne.jp/w3c/hyoon/Kanjinomirai.html
    自分の主張「可能性」、反論「理論的でない」とレッテルを貼る、なぜか獨斷的な主張が「定説」と化す。
    自説の方が「可能性」が高いたかいと、判定者らに向って騒ぎ立てる、、この場合判定者としては必ずしも論理的思考集団が選ばれるのではなくて、どちらかといえば「常識の府」http://raycy2.seesaa.net/article/103290677.htmlへと訴える、、のかな?

  3. 漱石のノートhttp://raycy.seesaa.net/article/101334689.htmlを解題する村岡 勇によれば、明治ごろの「日本の学者は、知的塔の頂きに登るには」「到底塔の頂きに登れないことを自覚している」とある。それは「知的塔の頂きに登るのには次第順序がある」が、その道のりに対する、自分たちの立ち位置が、あまりに後塵を拝する位置に位置していることを自覚してのことだったのか、、
    なら、明治の学者の自覚は、それはそれで、
    現代の、日本の学者は、自分たちの立ち位置は、明治のころの学者が立っている地点よりは、はるかに前方に立ってはいるだろうが、さて、、
posted by 霊斎2 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(1) | LinkRecords | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

typistとしてのウェラー、ショールズ

typistとしてのウェラー、ショールズ
――――――――――――――――――

ショールズは、1868年だかのワイヤーメカモデルでほぼ2年、手紙をタイプし続けたと、カレント1949?に?あったような、、。改造してなかったのかな?、??てことは、、
だとしたら、ワイヤー駆動は、電信学校に売りにいったモデルではないことに成るかな?安岡孝一氏説では、1970年までに、電信学校に売りに行って失敗して、で1970年には、ある程度並びが決まってきた説だったか、、。

だが、カレント説では、ワイヤー駆動は、その母系は1868?1867?年のまま温存それていたのだろうか? ??? 1870年ごろまで?

ワイヤー駆動式が電信学校に売りにいったモデルとは別系統として存続した可能性を、カレント1949は示唆しているような、、 ??

1867年から2年ほど1869年ごろまでの二年間?ショールズらワイヤー駆動モデルには、タイピストショールズ?によって手紙ライティングマシンとして使いこまれる日々が続いたのかな、、この間は、、鍵盤のキーやタイプバーは動かず固定だったのだろうか、、

アラインメント問題やらは1870だかにクローズアップされたんだったか、、マシンのたっぱのせいだろう、、

Dvorakのショールズ1867.bmpマシンサイズ、その高さに関して、Dvorak宣伝漫画の高さは変じゃなかろうか、、 。

1867 1868だかのショールズらワイヤー駆動モデルは、最初はテーブルを改造して造ったとかなかったっけ?テープルの高さ分あるんじゃないのかな?ちがうかな、、
これこそ、ものをみたかたならご存知なんだろうな、、

――――――――――――――――――

んと、そもそも安岡孝一氏説は、マシン母系としての非ワイヤー駆動モデルを重用する説であったような、、
Dvorak漫画とは違うな、、
もちろん、Dvorak漫画のフロントストライク機の出現時期が間違っていたりするのはあるけれども、
非ワイヤー駆動モデルの流れは、、
ピアノ、アコーディオンの流れ?
電信の鍵盤
ABC・・・
ZYX・・・
の影響は、その母系機のタイプバー駆動メカニズムは、どうなっているのかな?
posted by 霊斎2 at 16:30| Comment(0) | TrackBack(1) | LinkRecords | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

紙テープという機械

posted by 霊斎2 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | LinkRecords | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

Re:「ゲンチトッタ(はてな匿名ダイアリー)

ゲンチトッタ
ってなんですか?ギョタクは魚拓ですかね。
ゲンチ
は言質か、言質捕った
http://search.goo.ne.jp/web.jsp?MT=%B8%C0%BC%C1
[言質] goo ウェブ検索結果:

人質 新聞 とる 人質は‐取るでいいんですかね。
言質は、返しても、元へは帰らないかな?返せない?

まずは、キノコレとホンカツ両方読んで実践してくれないか?
両方とも積読中ですなあここ20年ほど、、。ホンカツ『アラビア遊牧民』 なら読んだ覚えがありますが、、三十年ほど前、って朝日文庫版だったかなあ1981年?。

『議論のレッスン』とかのほうなんじゃないかとは思ってましたが、、

そうでもしてもらわんと、とてもじゃないが読めたもんじゃない。読んでわからない。
なるほど、わかるように書くのも手かも、、?つかれそうですが、、いきるかしむかなら、、
韓国式口頭議論の作法は、集客して、客にアピールして、客に判定させる式だと、たしか、『数学嫌いな人のための数学』 にあったなあ、
-------------------
学生時代、学部のレポート添削システムを使わず生かさずに卒業してしまったので、授業料どぶに捨てたようなもんですが、それもあって、文章作法がめちゃくちゃなままなんでしょう、
posted by 霊斎2 at 18:40| Comment(1) | TrackBack(1) | LinkRecords | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転載元(安岡孝一氏指摘基準による著作権侵害関連)のサイト分類

安岡順序転載元(安岡孝一氏指摘基準による著作権侵害関連)サイト属性
75http://aokinao.moe-nifty.com/bluepage/2007/02/jis_2530.html#commentsaokinao.moe
60http://blog.goo.ne.jp/ishiyann_2005/e/a980ae94906a2f7fbf0433d3b05bf7d7ishiyann_2005
43http://blog.kamikura.com/archives/113#comment-1152kamikura
44http://blog.livedoor.jp/kito_kou/archives/51384407.html#commentskito_kou
85http://d.hatena.ne.jp/arn/20050216#cARN
14http://d.hatena.ne.jp/arn/20050220ARN
3http://d.hatena.ne.jp/arn/20050220ARN
64http://d.hatena.ne.jp/arn/20050220#cARN
52http://d.hatena.ne.jp/lastline/20050428/1114656296#clastline
94http://d.hatena.ne.jp/maple_magician/20050213#cかえで
95http://d.hatena.ne.jp/maple_magician/20050303#cかえで
62http://d.hatena.ne.jp/maple_magician/20060802/1154486944#cかえで
76http://d.hatena.ne.jp/miyamotoya/20060228#cmiyamotoya
48http://d.hatena.ne.jp/shinichiroinaba/20060730/p2shinichiroisaba
45http://d.hatena.ne.jp/tomoemon/20080406/p2#ctomoemon
2http://d.hatena.ne.jp/y_ttis/20061123/1164274648y_ttis
13http://d.hatena.ne.jp/y_ttis/20061123/1164274648y_ttis
65http://geocities.yahoo.co.jp/gl/thesaito00/comment/20060923/1158988509Sait
40http://geocities.yahoo.co.jp/gl/thesaito00/comment/20060923/1158988509Sait
74http://hodotermopsis.seesaa.net/article/16324166.html#commentshodotermopsis
53http://ised-glocom.g.hatena.ne.jp/ised/06010409グローコム
79http://ised-glocom.g.hatena.ne.jp/ised/06010409#cグローコム
84http://ised-glocom.g.hatena.ne.jp/ised/06010409#cグローコム
91http://kameno.bne.jp/blog/archives/000041.html#commentskameno
18http://kazuyukik.at.webry.info/200502/article_41.htmlkazuyukik
19http://kazuyukik.at.webry.info/200502/article_41.htmlkazuyukik
98http://orbit.cocolog-nifty.com/supportdiary/2005/07/post_dfb3.html#commentsorbit
50http://pantani.cocolog-nifty.com/wannabe/2005/10/dvorak_fd30.htmlpantani
90http://plus.hangame.co.jp/browse/db_detail.php?dir_id=1&docid=16227pLus.hangame
51http://plus.hangame.co.jp/browse/db_detail.php?dir_id=1&docid=35673pLus.hangame
77http://plus.hangame.co.jp/browse/db_detail.php?dir_id=1&docid=35673pLus.hangame
68http://plus.hangame.co.jp/browse/db_detail.php?dir_id=1&docid=35673pLus.hangame
80http://web.archive.org/web/20050311193029/http://yossalog.exblog.jp/1835350yossalog
86http://www.amazon.co.jp/dp/4320121023アマゾン
88http://www.amazon.co.jp/dp/4320121023アマゾン
4http://www.cozymax.org/comedy/word051030.htmcozymax
11http://www.cozymax.org/comedy/word051030.htmcozymax
15http://www.cozymax.org/comedy/word051030.htmcozymax
49http://www.nagaitosiya.com/a/lockin.html#comments永井ドットコム
46http://www.nagaitosiya.com/a/lockin.html#comments永井ドットコム
82http://www.nagaitosiya.com/a/lockin.html#comments永井ドットコム
83http://www.nagaitosiya.com/a/lockin.html#comments永井ドットコム
78http://www.nagaitosiya.com/a/lockin.html#comments永井ドットコム
41http://kanji.zinbun.kyoto-u.ac.jp/~yasuoka/publications/JST2005-5.pdf京都人文
70http://coe21.zinbun.kyoto-u.ac.jp/newsletters/CCC-vol3.pdf#page=2京都人文
97http://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp/cgi-bin/gyoseki.cgi?name=yasuoka京都人文
55http://yasuoka.blogspot.com/2006/07/in-1873-christopher-latham-sholes.htmlyasuoka海外サイト
47http://yasuoka.blogspot.com/2006/08/printing-telegraphic-dispatches.htmlyasuoka海外サイト
1http://yasuoka.blogspot.com/2006/09/in-their-innocence-sholes-and-his.htmlyasuoka海外サイト
12http://yasuoka.blogspot.com/2006/09/in-their-innocence-sholes-and-his.htmlyasuoka海外サイト
67http://slashdot.jp/~yasuoka/journal/280542スラドyasuoka
42http://slashdot.jp/~yasuoka/journal/280542スラドyasuoka
30http://slashdot.jp/~yasuoka/journal/280542スラドyasuoka
81http://slashdot.jp/~yasuoka/journal/280542スラドyasuoka
26http://slashdot.jp/~yasuoka/journal/280542スラドyasuoka
72http://slashdot.jp/~yasuoka/journal/280542スラドyasuoka
37http://slashdot.jp/~yasuoka/journal/281262スラドyasuoka
89http://slashdot.jp/~yasuoka/journal/284997スラドyasuoka
32http://slashdot.jp/~yasuoka/journal/354730スラドyasuoka
17http://slashdot.jp/~yasuoka/journal/367896スラドyasuoka
6http://slashdot.jp/~yasuoka/journal/367896スラドyasuoka
73http://slashdot.jp/~yasuoka/journal/402300スラドyasuoka
56http://slashdot.jp/~yasuoka/journal/403084スラドyasuoka
93http://slashdot.jp/~yasuoka/journal/403084スラドyasuoka
96http://slashdot.jp/~yasuoka/journal/403084スラドyasuoka
54http://slashdot.jp/~yasuoka/journal/403084スラドyasuoka
27http://slashdot.jp/~yasuoka/journal/407778スラドyasuoka
66http://slashdot.jp/~yasuoka/journal/408322スラドyasuoka
33http://slashdot.jp/~yasuoka/journal/408644スラドyasuoka
92http://slashdot.jp/~yasuoka/journal/408644スラドyasuoka
87http://slashdot.jp/~yasuoka/journal/410265スラドyasuoka
20http://slashdot.jp/~yasuoka/journal/410265スラドyasuoka
8http://slashdot.jp/~yasuoka/journal/413372スラドyasuoka
31http://slashdot.jp/~yasuoka/journal/423141スラドyasuoka
61http://slashdot.jp/~yasuoka/journal/424050スラドyasuoka
23http://slashdot.jp/~yasuoka/journal/437514スラドyasuoka
24http://slashdot.jp/~yasuoka/journal/440086スラドyasuoka
9http://slashdot.jp/~yasuoka/journal/444316スラドyasuoka
28http://slashdot.jp/comments.pl?sid=239290&cid=699621スラドyasuoka
71http://slashdot.jp/comments.pl?sid=239975&cid=695537スラドyasuoka
10http://slashdot.jp/comments.pl?sid=239975&cid=695537スラドyasuoka
21http://slashdot.jp/comments.pl?sid=239975&cid=695537スラドyasuoka
7http://slashdot.jp/comments.pl?sid=239975&cid=696529スラドyasuoka
57http://slashdot.jp/comments.pl?sid=303578&cid=890961スラドyasuoka
58http://slashdot.jp/comments.pl?sid=303578&cid=892461スラドyasuoka
59http://slashdot.jp/comments.pl?sid=303578&cid=897482スラドyasuoka
69http://slashdot.jp/comments.pl?sid=312898&cid=927971スラドyasuoka
63http://slashdot.jp/comments.pl?sid=326202&cid=987893スラドyasuoka
16http://slashdot.jp/comments.pl?sid=378866&cid=1246966スラドyasuoka
5http://slashdot.jp/comments.pl?sid=378866&cid=1246966スラドyasuoka
39http://slashdot.jp/comments.pl?sid=390965&cid=1349795スラドyasuoka
38http://slashdot.jp/comments.pl?sid=390965&cid=1350063スラドyasuoka
34http://slashdot.jp/comments.pl?sid=402119&cid=1348973スラドyasuoka
35http://slashdot.jp/comments.pl?sid=402119&cid=1351679スラドyasuoka
36http://slashdot.jp/comments.pl?sid=402119&cid=1352564スラドyasuoka
25http://slashdot.jp/comments.pl?sid=402428&cid=1349726スラドyasuoka
22http://slashdot.jp/comments.pl?sid=402428&cid=1360248スラドyasuoka
29http://slashdot.jp/comments.pl?sid=402428&cid=1360248スラドyasuoka
100http://slashdot.jp/comments.pl?sid=408073&cid=1376985スラドyasuoka
99http://slashdot.jp/comments.pl?sid=408073&cid=1376985スラドyasuoka
101http://slashdot.jp/comments.pl?sid=408073&cid=1376985スラドyasuoka
posted by 霊斎2 at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | LinkRecords | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。